2月 19, 2016

関東にある禁煙内科とニコレットの特徴について

関東地方と言うのは、東京都を初め、神奈川県、千葉県、埼玉県などのエリアと、茨城県、栃木県、群馬県などの北関東エリアの1都6県を関東エリアもしくは関東地方と呼んでいるのですが、東京都などを中心としたエリアは路上禁煙、歩行喫煙の禁止となっているエリアが数多くあり、喫煙が出来る場所は決められた喫煙所のみと言ったケースが増えています。

また、関東エリアの中には多数の禁煙内科が病院に新設されているのが特徴です。
禁煙内科は禁煙外来とも言われているのですが、一人で禁煙をする事が難しい人などが禁煙内科を利用する事で、専門医からの禁煙のための指導やアドバイスを受けることが出来たり、禁煙補助剤を処方して貰えると言ったメリットが有ります。

また、禁煙治療は初診の時など条件が在りますが、健康保険が適用するため、費用負担率も3割負担で済むなど、経済的にも利点が在るのです。
ニコレットはテレビコマーシャルなどでも有名な禁煙補助剤になりますが、ニコレットはドラッグストアなどでも購入が出来ます。
但し、お店で購入した場合は12個で1200円、96個で7600円と言った金額で購入をする事になります。
ニコレットは煙草が吸いたくなった時に、1個口に含んでからゆっくり噛み続けると、噛む事でガムからニコチン成分が抽出され、それが体内に供給されることでニコチン切れの症状を緩和してくれる禁煙補助剤です。

そのため、1日数個を利用する事になる場合など、1日当たりの費用も多くかかることになってしまいます。
しかし、禁煙内科で処方をして貰えば費用負担は3割で済みますし、専門医の指導やアドバイスを受けながら禁煙治療を行えると言ったメリットが有るのです。