11月 29, 2015

日本友愛会で薦めるニコレットは中毒症状に効果がある

タバコを止めるとニコチン中毒との戦いとなりますが、中毒症状は人によってかなりの差があるようです。ニコチン中毒は脳内にニコチンが無いことで受容体がニコチンを欲して体中にさまざまな信号を出すことで引き起こされます。一般的にはいらいらしたり、怒りっぽくなったりすることが多いようですが、人によっては手足のしびれや食欲減退など健康に係る症状が出る方も居るようです。このような症状はタバコを吸い、ニコチンを摂取すれば回復することから煙草がなかなかやめられないようです。しかし、日本友愛会でも薦めていますが、中毒症状のしびれがある場合でも煙草に頼らず、ニコレットなどの禁煙補助薬を利用することが大事です。ニコレットは日本友愛会でも推奨している禁煙補助薬ですが、をガム状であり、ニコチンを摂取する時間を調整することが可能です。しびれなどが起きている場合には急いで摂取することもできますし、禁煙をするためにゆっくりニコチンを摂取することもできます。日本友愛会ではニコレットを使って徐々に禁煙をすることを推奨してます。禁煙といえば、すぐに完全にタバコを止めることを想像する方が多いですが、本数をゆっくり減らし、足りないにニコチンをニコレットなどで補充しながら禁煙をすることが大事と言われています。体にとってニコチンが重要な存在になっている場合、急激な変化は体への負担だけではなく、精神的な負担にも繋がります。ニコレットでニコチン量を調整しながら時間をかけて禁煙をすれば精神的な負担も減ります。また、タバコを吸わなければ有害物質が体内に入りませんので徐々に健康な体に戻っていきます。その過程でニコチンの必要量も減っていくので最終的にはニコレットも必要無くなります