9月 10, 2015

副流煙の被害など禁煙したいときにはニコレットガム

喫煙の大きな問題として、喫煙している本人の健康被害をもたらす影響があることは勿論ですが、たばこを吸っていない人であっても、喫煙者の周囲にいることで副流煙による被害を被ってしまう点があります。
一般的に主流煙と比較して、副流煙のほうが刺激性が強くなると言われており、副流煙による被害を増加させないためにも禁煙することは大切です。
禁煙することを目的としている人が利用する禁煙補助剤には、ニコレットガムやパッチがあります。
ニコレットガムやパッチはニコチンを補給することができますので、その効果によって禁煙中の離脱症状を緩和させることができます。
ニコチンを摂取する方法となりますので、ニコチン置換療法とも言います。
たばこを吸うことが恒常的になっているときには、ニコレットガムなどを使うことで生活習慣の改善を行って、ニコチンの摂取量を少しずつ減らしていくことが大切になります。
ニコレットガムを使った禁煙療法は、通常の方法の2倍の成功率があると言われており、緩やかにニコチンが吸収されるために、離脱症状を緩和させるために必要な血中濃度が維持できるように作られています。
禁煙が難しい原因は、ニコチンによる中毒症状のために喫煙をしたい欲求が高まることにあります。
禁煙者の意志だけでは解決できない問題を含んでいるために、ニコレットガムなどを使用することで、身体的な要因であるニコチン依存を軽減させることができます。
ニコレットガムには即効性がありますので、摂取することですぐに喫煙の欲求を抑制させることが可能です。
ニコチン量の調整も可能で、生活スタイルに応じていつでも使用できる点が大きなメリットとなります。
一般的な薬局で手軽に購入することができる点も、禁煙を希望している人にとって使いやすいと言えます。