10月 25, 2015

会津若松での副流煙への取り組みとニコレットの効果

タバコは吸っている本人の健康に影響が出ていることはもちろん、副流煙で、タバコを吸っていないまわりの人にまで影響が出てしまうこともあります。

今では全国で副流煙への取り組みが行われており、どこに行っても禁煙、分煙が行われるようになっています。
会津若松でも副流煙への取り組みはしっかり行われており平成22年には受動喫煙防止対策の推進を図るための川柳の募集も行われました。

会津若松でも禁煙に対する意識が高まっていることもあり、禁煙に挑戦する人も増えています。
努力で禁煙を成功させる人もありますが、やはり長年タバコを吸ってきた人はニコチンに依存していることもあり、タバコが切れたときのイライラした気持ちを抑えるのに苦労している人もまた少なくありません。

会津若松では様々な禁煙方法が選ばれていますが、ニコレットもよく利用されている禁煙方法のひとつです。
ニコレットガムや薬局やドラッグストアなどで販売されている指定第2類医薬品で禁煙中のイライラした気持ちや集中力が低下するのを緩和させるのに役立つ商品です。味も4種類あり好みに応じて選ぶことができます。

タバコが切れたときにニコレットガムを噛むことで製剤からニコチンが放出されるようになっています。
15回ほど噛むとピリッとした味を感じるようになりますが、これがニコチンが放出されたサインとなっています。
放出されたニコチンは口腔粘膜から吸収されていきます。

使用量については喫煙本数やニコチンの依存度により変わってきますが1日の最大使用個数は24個となっています。
そして少しずつ量を減らしていき、完全に必要がなくなったら禁煙が成功となります。
正しい噛み方をすることで良い効果を期待できますので、噛み方についてもよく理解しておきましょう。